2007年01月28日

知人の金魚が病気になったようで

知人の金魚が病気にかかったようです。
くわしい症状を聞いていないので病名はわかりませんが、たいしたことはないようです。
しかし、大事に育てている金魚なのでかなりショックを受けているようです。
やはり、金魚が病気にならない為の予防は重要ですね。

水槽を清潔に保つことやえさの管理など基本的なことを守っていても病気になってしまうことはあります。
原因が分かって、適切な対処をすることによって病気が回復すればよいのですが、それでも病気が治らないとなると手のうちようがありません。
また、金魚の病気についての研究も人間のそれと比べれば遥に進歩は遅いでしょう。
しかし、病気がなかなか治らなくてもあきらめずに面倒を見るようにしましょう。
ラベル:金魚 病気
posted by 金魚マン at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

金魚病気

金魚の病気は非常に怖いと思っていたのですが、人間の病気の方が怖いです。
というのは、私自身ここ数日体調を崩しており、病院で検査を受けていました。
やっぱり、金魚の病気よりも自分の病気の方が心配です。
自分が一番大事です(笑)

そして、最近考えていたことがあります。
金魚病気と人間の病気についてです。
人間の病気に関しては、日々医療技術が進歩しています。
しかし、金魚病気に関する研究や技術は進歩しているのでしょうか?
私は詳しくはわかりませんが、おそらくしていでしょう。
しかし、それは人間の病気のものとはスピードに違いがあるでしょう。

先日、人間の医療技術の進歩を紹介する番組が放送されていましたが、
金魚病気についても更なる進歩を望んでいます。
ラベル:金魚病気
posted by 金魚マン at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

用水路の金魚

私が小学生の頃、驚くべき光景を目撃しました。
なんと、用水路を金魚が泳いでいたのです。
普通の田んぼの脇にある用水路です。
一匹のみでした。
急いで、近所の友達の家でカップを借りました。
そして見事、その金魚を捕まえる事ができました。

でも、何故金魚が用水路にいたのでしょう?
元々そこに生息していたとは思えません。
種類はワキンで大きさも小さかったことから、金魚すくいの可能性は高そうです。
金魚すくいか何かで手にした金魚を、誰かが用水路に放したのでしょうか?
又は、「およげたいやきくん」のように、毎日毎日すくわれるのがイヤになり店のおじさんとケンカをして用水路に逃げ込んだのでしょうか。
いずれにしろ、用水路を金魚が泳いでいる姿には驚きました。

その金魚は家に持ち帰り、水槽で飼うことになりました。
しかし、数匹のフナと同じ水槽に入れてしまった為、一日でお亡くなりになられました。
金魚の飼育に関する知識がいっさいなかったせいです。
あの金魚には本当に申し訳なく思っています。
posted by 金魚マン at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

金魚の病院

金魚の病院があったらいいと思いませんか?
金魚の病院といっても、もちろん金魚が医者や看護師をしている病院のことではなく、金魚を患者としてみてくれる病院のことです。

犬や猫なら動物病院で診て貰えます。
しかし、金魚を診てくれる病院というのは聞いたことがありません。
ないですよね?もしあるのだったら教えてください。

飼い主にとって大切な金魚です。
その金魚が病気にかかっても診てくれる人がいないというのはつらいですよね。
犬や猫との違いは何なのでしょうか?
犬や猫にはペット用のタクシーまであるそうです。

やはり結論としては、金魚の病気は飼い主が責任をもって治せということなのでしょう。
仕方ありませんね。
そのために、少しでも金魚の病気に対する知識をつけておきましょう。
ラベル:金魚 病院 病気
posted by 金魚マン at 12:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

金魚の品評会

金魚の品評会が行なわれています。
主にらんちゅうの品評会が多いようです。
見た目の美しさや泳ぎ方などで審査されます。
また、研究会や愛好会に所属すると金魚愛好家の仲間ができて、
さまざまなアドバイスを得られるでしょう。
posted by 金魚マン at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の品評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚の尾

金魚の尾には様々な種類があります。

■金魚の尾の種類とは

金魚の尾はその形によって様々な種類に分類されます。

サクラ尾
クジャク尾
フナ尾
三つ尾
四つ尾

などの種類があります。
ラベル:金魚 種類
posted by 金魚マン at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知県弥富町の金魚

日本一金魚の生産量が多いのは愛知県の弥富町です。
弥富町では様々な金魚が生産され全国に流通しています。
なぜ弥富町では金魚の生産が盛んなのでしょう?
理由をご存知でしたら教えてください。


以前、新潟県中越地震の影響で販売用の錦鯉が全て死んでしまったというニュースをテレビでみました。
地震のせいで電力が供給されなかったことが原因?だったと思います。
このせいで、錦鯉の業者は大打撃をうけたようです。
錦鯉も金魚も動物ですから災害時はこのような影響をうけてしまいます。
非常に悲しいできごとです。
posted by 金魚マン at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の生産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚の水草

水草は金魚の飼育にとって必要なものです。

■金魚の水草とは

金魚の水草は水槽の見た目の問題だけでなく、金魚の産卵などのためにも必要なものです。また光合成により酸素を発生します。
また、水草にも様々な種類があります。

■水草の種類

水草の種類には以下のようなものがあります。

バリスネリア
マツモ
カボンバ
ホテイソウ
アカリナス
ヘテランテラ
スクリュー・ハリスネリア
コウホネ
ミクロソリウム
ハイグロフィラ
ラベル:金魚 水草 水槽
posted by 金魚マン at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚のえさ

金魚のえさについてです。

■金魚のえさとは

金魚のえさには以下の2種類があります。

@生餌
生餌は病原菌を水槽内に持ち込んでしまう危険があるために金魚が病気になってしまうかもしれません。

A人工えさ
人工のえさは生餌のような心配は要りません。
とてもバランスのとれたえさになっています。
また人工のえさには粒状のものとフレーク状のものがあります。

金魚のえさは食べきれる分だけあげるようにしましょう。
ラベル:金魚 えさ 病気
posted by 金魚マン at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚のえさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水槽の設置手順

金魚の水槽の設置手順について解説します。

■金魚の水槽の設置手順とは

金魚の水槽は以下の設置手順で行なうとよいでしょう。
部品をよく洗ったら水槽を適した場所に設置します。
次に砂を敷き詰めます。
次にヒーターや水温系などの器具を設置します(説明書に順番が書いてある場合はそれに従いましょう)。
次に装飾品をいれたら水をいれて終わりです。

ここで示したのは一例ですので、水槽の取扱説明書に記述がある場合はそちらに従うようにしてください。
posted by 金魚マン at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚の水槽の設置場所

金魚の水槽は最も適した場所に設置するようにしましょう。

■金魚の水槽の設置場所とは

金魚の水槽の設置に適した場所というものが存在します。
まず、直射日光があたる場所は避けるようにしましょう。
理由は、水温の変化が大きいからです。
また、水槽の水の交換の為に近くに水道のあるところがよいでしょう。
しかし、近くに濡れては困るもの(電化製品、畳、障子など)がある場所は避けましょう。
コンセントが近いというのも良い場所です。

以上を参考にご自宅の中で最も適した場所に金魚の水槽を設置するようにしましょう。
ラベル:金魚 水槽 設置 場所
posted by 金魚マン at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水槽用温度計

金魚の飼育で必要なものとして温度計があります。

■温度計とは

金魚も人間と同様、適温で暮らしたいものです。
適温でないために病気にかかってしまうということもあります。
ですから金魚の水槽には温度計を設置するようにしましょう。

温度計を単独で購入するのも結構ですが、水槽に付属されている場合が多いです。もし水槽に温度計が付属されていない場合は温度計を購入して設置するようにしましょう。
posted by 金魚マン at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンセット

金魚の飼育に必要なものとしてピンセットがあります。

■金魚飼育のピンセットとは

なぜ金魚の飼育にピンセットが必要かというと以下の理由からです。
金魚の体にイカリムシやウオジラミ(チョウ)などの寄生虫が付いたときに
それをはずすために使います。また、ピンセットを所持しておけば寄生虫除去以外にも役に立つと思います。

金魚の飼育にピンセットを準備しておきましょう。
posted by 金魚マン at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚用ネット

金魚を飼育するためのグッズとしてネットは欠かせないものです。


■金魚用ネットとは

用途は以下の二つ

@金魚をすくう
金魚をすくうといっても金魚すくいをするわけではありません。
水槽の水がえをするときなど、金魚を移動させるときにネットを使います。

Aえさ、ゴミ、ふんなどを拾う
水槽の中は食べ残しのえさやゴミ、ふんなどで汚れます。
そのまま放置しておくと水質悪化につながり、金魚が病気になってしまうかもしれません。

このように金魚の飼育にはネットは必需品です。
ペットショップなどで購入しておきましょう。
posted by 金魚マン at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

金魚の水槽の水換え

金魚の水槽の水換えについてです。
水槽内の水をそのままにしておくとどんどん汚れていきます。
金魚がすごしやすいように水槽の水を換えるようにしましょう。

■金魚の水槽の水換えって?

水換えの時期というのは、水槽の大きさ、水槽の機能、金魚の種類、金魚の数、季節など様々な条件によって変わってくるので一概に言うことはできません。
水槽の水が汚れていると感じたら早めに水を換えるようにしましょう。
水を換えるときは水道水をいきなり水槽にそそぐということはしてはいけません。金魚の水槽の水を金魚の飼育に適したものに換えるためのものが市販されています。それを使うなどして、金魚の飼育に適した水にしてあげましょう。
また、一度に全ての水を換えるのではなく、半分ずつ換えるという方法もあります。
ラベル:金魚 水槽 水換え
posted by 金魚マン at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然記念物の金魚|ナンキン、ジキン、トサキン

金魚のある特定の種類の中には天然記念物に指定されているものもあります。
それはナンキン、ジギン、トサキンなどです。

■天然記念物の金魚とは?

・ナンキン
ナンキンは出雲地方で改良された出雲ナンキンという品種があります。
島根県の天然記念物に指定されています。
色は全体的に白っぽく、少し赤い部分もあります。

・ジキン
ジキンは愛知県の天然記念物に指定されいます。
色は赤と白です。
特徴はクジャク尾という尾をもっていることです。

・トサキン
トサキンは高知県の金魚です。


ナンキン、ジキン、トサキンどれもそれぞれの特徴をもった金魚です。
金魚が天然記念物になっているだなんて知らない人も多いのではないでしょうか?
posted by 金魚マン at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

金魚の販売

金魚の販売についてです。

金魚はホームセンターなどのペットショップで販売されています。
また、お祭りの縁日で金魚すくいをするという方法もあります。
ホームセンターのペットショップなら金魚以外にも、
水槽やえさ、水草などの金魚に必要なグッズも購入する事ができます。

らんちゅうなどの種類は金額がとても高いです。
いろいろな金魚がいるので自分の気に入った金魚を購入しましょう。
posted by 金魚マン at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚の水槽

金魚の水槽についてです。


■金魚の水槽はどこで飼うの?

金魚の水槽はホームセンターなどにあるペットショップで売られています。
また、最近ではインターネットの通信販売もあります。
どちらも一長一短ありますが、時間に余裕があるのなら、
実際にペットショップに足を運んで実物を見てみるのがよいでしょう。



■金魚の水槽の種類はどんなものがあるの?

金魚の水槽にはいくつかの種類があります。
ここではガラス製水槽、プラスチック製水槽、アクリル製水槽の紹介をします。

・ガラス製水槽の特徴
ガラス製水槽の特徴は傷が付きにくいという点が挙げられます。
しかし、重たいという欠点もあります。
また、何かがぶつかった時に割れてしまうという危険性もあります。
金魚を飼育するための水槽としては最もポピュラーなタイプです。

・プラスチック製の特徴
プラスチック製水槽の特徴は価格の安さにあります。
そして軽いという点もあります。
しかし、傷が付きやすいという欠点もあります。
また、小さいものが多いという点も挙げあられます。

・アクリル製の特徴
アクリル製水槽はガラス製水槽とプラスチック製水槽の中間的な特徴があります。

どのタイプの水槽もそれぞれの特徴があります。
納得のいく水槽を購入するとよいと思います。

金魚鉢で飼育するという方法もありますがあまりお勧めできません。
水質の問題や大きさの問題があるからです。


■水槽の大きさは?

金魚を飼ううえで水槽の大きさと金魚の数は重要な問題です。
小さい水槽にたくさんの金魚を飼うのは避けるべきです。

幅30cm程度の水槽では小さい金魚なら2〜3匹程度、大きい金魚は飼わないほうがよいでしょう。
幅60cm程度の水槽では小さい金魚なら10匹程度、大きい金魚なら5匹程度でしょう。

※ここであげた水槽の大きさと金魚の大きさや数はあくまで目安です。


■金魚の水槽の機能は?

水槽には様々な機能があります。

・水を浄化する機能
水槽内の水質を維持する為に水を浄化する装置は必須でしょう。
フィルター、砂利、ポンプなどがあります。

・温度を保つ機能
適切な温度を保つことは金魚を飼ううえで重要なことです。
ヒーターや温度計などがあります。

・インテリア
見た目にも美しく、また金魚の隠れ家にもなるためにインテリアがあります。
これはペットショップで売られているので水槽とともに購入するとよいでしょう。

その他にも水草なども入れると良いです。


金魚が快適に暮らせるように適切な水槽を準備するとよいでしょう。
ラベル:金魚 水槽 販売 飼育
posted by 金魚マン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚の病気 尾ぐされ病

金魚病気に尾ぐされ病というものがあります。

■尾ぐされ病とは

尾ぐされ病とは金魚が細菌に感染することによっておこる病気です。
症状は金魚のヒレが傷ついたり口をパクパクさせたりなどがあります。
治療法は市販の薬を投与することです。
しかし、薬を投与すれば病気が治るとは限りません。


尾ぐされ病は見た目でわかる病気なのであらかじめ写真を見て確認しておきましょう。
正しい飼い方をすることが金魚病気の予防につながります。
posted by 金魚マン at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金魚の病気 マツカサ病

金魚病気にマツカサ病というものがあります。

■マツカサ病とは

マツカサ病とは金魚の体の表面がマツカサのようにささくれ立った状態になる病気です。
写真を見るとよくわかると思います。
病気が悪化すると目がとび出ることもあります。
この病気の特徴はまともな治療法がないということです。


マツカサ病は治療が難しいので絶対に避けたい病気です。
飼っている金魚がマツカサ病にかからないように正しい飼育法を心がけるようにしましょう。
posted by 金魚マン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。